予約なしでレンタカーを借りるときの基本

予約の有無で異なる店舗での手続き

レンタカーを利用するときに予め連絡して車種や時刻を指定して予約を取っておくと、店舗に到着してからの手続きはスムーズに進みます。予約番号を伝えるか、予約票や予約画面を提示する、あるいは名前を言うだけでも速やかに配車してもらうことが可能です。現金払いであることはあまりなく、クレジットカードなどで予め決済も終わっています。実際の手続きは運転免許証を提示し、注意事項の説明を受けて鍵を受け取るだけです。

しかし、予約なしの場合には事前予約のときに行った手続きと同じように車種や時間、オプションなどの選択をその場で行わなければなりませんでした。その在庫確認などもしてもらうことになるため、概して時間がかかりやすいことは留意する必要があったのです。

実は時間がかかっていないことが多い

予約なしでレンタカーを借りると店舗で手続きにかかる時間は長くなりがちですが、トータルでレンタカーを借りるまでにかかった手続きの時間という見方をすると短いということがわかりました。オンライン予約などで自分で判断しながら車種やオプションなどの選択をしていくよりも、店頭で説明を受けながら選択した方が早かったからです。

何月何日の何時から借りるかという計画を立てる必要もなく、その場で何時間借りるかだけを決めれば良い点でも手続きはスムーズに進められました。すぐに貸し出せる車種も限定されているので迷うこともありません。実はトータルでみると時間があまりかからないのが予約なしで来店してレンタカーを借りる方法なのです。

キャンセルなどの心配もなし

レンタカーを予約しておいたけれど都合によってキャンセルするということもあります。仕事の都合で利用できなくなったり、天候などの影響でレンタカーを借りても満足に乗れなかったりといった様々な理由で取りやめることがあったのは確かです。予約なしで借りると決めてしまっていればキャンセルについて心配する必要はありません。

私がよく予約なしでレンタカーを利用するのは予定が正確に立てられないからであり、何時に配車するかまで事前に決めておけないという考えから予約はあまりしなくなりました。どうしても予約しておかないと配車されない可能性があるというときにだけ予約をしていますが、予定変更の可能性がある場合には原則として予約しないと決めています。

Follow me!