予約なしでもレンタカーを借りるには②

当日予約よりも事前予約の方がおすすめ

レンタカーを予約なしで当日に借りることももちろん可能ですが、これはできるだけ避けるに越したことはありません。一つの理由は、当日だと借りたい車両が既に他の人に借りられてしまっているということがあるからです。

とくにゴールデンウィークや夏休みシーズンなど、需要が集中するようなときは要注意です。たとえ行楽のシーズンでなくても、その土地特有の事情、例えば現地のお祭りなどがある場合もあります。

借りられれば借りたい、もし借りられなければ別の手段でも構わないというような使い方をする人はあまりいないでしょうから、借りたいと思うのであれば予約しておくことをすすめます。

車種によって料金も違いますし運転のしやすさも全く違ってきますから、どんな車種でも構わないというような人もまたあまりいないでしょう。そのような場合はシーズンオフであっても事前に予約しておくことをおすすめします。

早い予約の方が料金もお得

もう一つの理由は料金です。もちろんレンタカー会社にもよりますが、早く予約すればするほど割引率も高いのが一般的です。場合によっては正規料金の半額程度で借りられることもあります。

飛行機の早割運賃などは運賃そのものは正規料金より大幅に安くても、キャンセル料が非常に高いことから、予約が確定しない限りは押さえておくことをためらう人も多いでしょうが、クルマの場合は意外とそうでもありません。

1週間くらい前までであればキャンセル料がかからないことも多いですから、前もっての予約をためらう理由はあまりありません。もし予定が変われば単にキャンセルすればよいだけの話だからです。

行楽地ではレンタカーは予約して借りるもの

あと一つの理由は、ホテルと同じようなものですが、やはり一般的にはレンタカーは予約して借りるもので、都心での業務利用などであればともかく、とくに行楽地などではそう思われても仕方ないでしょう。

ということは、予約なしで来たお客さんにはクルマを貸すほうとしても若干慎重にならざるを得ません。何か裏があるのではないか、怪しいことに使われるのではないかといったことです。

もちろん相手は接客業ですからこちらがきちんとした態度を取ればそのようなことを表に出すことはないでしょうが、手続きに時間がかかるというのはあり得ることです。普通にクルマを借りるだけでも店頭ではそれなりの時間がかかるものですが、これも事前に予約しておくことで店頭での手続きにかかる時間を減らせるサービスもあります。

このようなことから、予約なしで当日というのはいけないとは言いませんが、できるだけ避けたほうがよいでしょう。

Follow me!