レンタカーを借りるときは予約をしましょう

離島での観光の経験について

最近離島を旅行しました。離島といっても、スキューバダイビングや、トレッキングなどのある一つのことを目的に来島したのではなく、島にある様々な寺社仏閣、展望台や自然に触れ合うことを目的にした旅行でした。

そういった離島では、公共交通機関はほとんどが数時間に一本程度の運航であり、またすべての観光地をめぐることができるバスが、その島にはありませんでした。タクシーを使って観光をするということも考えましたが、レンタカーを借りることと比較するとやはり割高でありました。

そのために、旅行中はレンタカーを借りっぱなしで、行きたいところに、行きたい時間に行くこととしました。旅行の前にあらかじめレンタカーを借りることを考えていましたので、予約なしで当日借りるのではなく、インターネットで予約をしました。

離島でレンタカーを借りること

離島でレンタカーを借りる予約をしたときには、インターネットで探しました。そのときに感じましたが、離島などの公共交通機関がまだまだ発達していない場所では、多くの人がレンタカーを借りることを考え、予約しているのだな、ということでした。

つまり、旅行の一か月前に、インターネットでレンタカーを探したときに、一か月前であるのにもかかわらず、レンタカーの台数がラスト1台であったのでした。これでは予約なしで、当日思い立ってレンタカーを借りようとしても、おそらく現地では借りれなかったと思います。あるいは、離島であるからこそ、レンタカーの台数も少ないのかもしれません。
そういった土地に旅行に行くときには、やはりレンタカーは予約しておくほうが最善であったと思います。

観光にレンタカーを使ってみた

今回の旅行では、レンタカーを空港での受け渡しの予約としました。その離島は空港にはレンタカー会社のデスクはなく、予約して空港での受け渡しとしていれば、レンタカー会社の方が空港にレンタカーをもってきてくれて、そこで受け渡しでした。もし予約なしであれば、まずは空港から市街のほうに重い荷物をもって移動しなければいけませんでした。

レンタカーを借りれば、予約時間内であればどこでも、好きな時間に移動できます。朝起きて、ご飯を食べて用意ができれば、出発することができました。

観光地でも、標識を見て思い付きで巡ってみたり、タクシーでは行きにくい、市内のスーパーなどで現地の人がどういったものを食べているのか見ることもできました。お土産を買っても、車の中に入れておけば、手ぶらで観光地を回ることもできました。

レンタカーを借りての旅行は非常に有意義であると思います。