予約なしでも事前手配が重要なレンタカー

事前連絡が役に立つケースとは

レンタカーは予約なしでも問題なく借りることができますが、確実に借りるためには事前連絡が役に立ちました。これから店舗に向かうというときに電話をかけておくだけで廃車手続きがスムーズに進められたからです。店舗に在庫がないときには他の店舗や倉庫から配車することになりますが、電話をかけておけばその時点で配車を行ってもらうことができました。

店頭に到着してから依頼するよりもすぐにレンタカーを手配することができたのです。予約なしで直接店頭に行くよりも速やかに手続きが進むので、事前連絡をするのを原則にするのが肝心と言えます。予約をしていなかったときにはまずは電話をかけながら店舗に向かうようにすると効率的に手配することが可能です。

事前連絡のときに重要なこと

レンタカーを借りるために直前に連絡を入れるときには希望を整理しておくことが重要でした。特に重要なのがいつどのタイプの車が必要なのかを伝えることであり、15分後までにハイブリッドカーを用意できるかという形で聞いてみると話がスムーズに進みます。それを忘れていたために割と時間がかかってしまったこともありました。

そして、時刻と車種については優先順位を決めておいてよかった経験もあります。軽自動車なら15分後に用意できるけれど、ハイブリッドカーの場合には1時間かかるという回答になることがあったからです。予約なしの状況でこの会話をしている間に別の人が予約してしまうことや、店頭で借りようとする人が出てくることもあるため、即断即決をすることが必要です。そのため、予めこのような質問に速やかに応じられるようにしておいたのが正解でした。

事前連絡もなしで借りるときの心得

本当に予約なしで事前連絡もせずに借りたいという場合には心得を持っておくことが肝心でした。

基本的には店頭に用意してある車だけがすぐに配車される候補になり、それ以外を選ぶときには配車を待たなければなりません。どの車でも良いという場合には大抵はすぐに配車してもらえる車種があるのであえて事前連絡をしなくても問題ないでしょう。ただ、レンタカーが全部捌けてしまっていたことが一度だけありました。観光シーズンの観光地だったのでほとんど出回っていないという状況があったのです。

しかし、少し離れた店舗に行ったらすぐに配車をしてもらうことができました。他の店舗も探しに行く程度の努力はしなければならない可能性があると覚えておく必要があるのです。